割れたガラスの処理|窓から変える生活環境!防音や結露を防ぐには内窓がベスト

窓ガラスが割れた時の対処方法!ガラス修理依頼前にやるべきこと

割れたガラスの処理

作業員

自分でできること

基本的に窓ガラスなどが割れてしまった場合、専門の業者にガラス修理を依頼することになるでしょう。ですが、それまでの間、ガラスを放置するわけにはいきません。ある程度、自分でガラスを処理する必要があるでしょう。簡単な処理の仕方を覚えておけば問題ありません。

素手で拾わない

割れてしまったガラスを素手で拾う人も多いでしょう。ですが、素手でガラスに触れると、怪我をしてしまう可能性が高まります。この場合、軍手か手袋をはめて大きめのガラスを処理しましょう。素足は危険なので、スリッパなどを履いて足元も守るようにします。

細かい破片の処理

ガラスは割れると粉々になります。基本的に細かい破片が出てきてしまうでしょう。細かい破片は始めに掃除機で吸い取ります。ある程度掃除機をかけたら、濡れた雑巾で拭き取りましょう。細かいガラスも取り除くことができるはずです。雑巾はそのままゴミ箱に捨てましょう。

広い範囲を掃除

割れたガラスは比較的広範囲に飛び散ります。そのため、掃除機や濡れた雑巾で広範囲を掃除する必要があるのです。できれば、部屋中掃除すると安心でしょう。処理をしっかりとしておけば、ガラス修理の作業もスムーズに進めることができます。ガラスを残さないように注意しましょう。